お知らせ 成長し続けるエンジニアを支援するサービス「Forkwell」と勉強会プラットフォーム「connpass」が連携し、connpass上で開催されるITエンジニア向け勉強会の懇親会への支援を拡大いたします。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月

18

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2

フレームワークについて参加者同士で情報交換します

Registration info

参加枠

500(Pay at the door)

FCFS
5/8

Description

勉強会趣旨

ディープラーニング・フレームワークの使い方を、参加者同士で教え合う勉強会です。

参加者は事前に各回のテーマを各自で実装お願いします。得意なフレームワークで実装ください。

この会をきっかけに勉強を始めたフレームワークでも結構です。

勉強会当日に、実装したソースコードを本人から解説いただきます。

事前にGitHubや御自分のブログにソースコードをアップいただけると、円滑に発表いただけます。

勉強会内容

  • 参加登録時のアンケートで使用するフレームワークを回答ください
  • 参加者各位は、事前に下記テーマを実装ください
  • 当日冒頭に話し合いでフレームワークごとに発表者を一人決めていただき、発表者から本人が実装したソースコードを解説いただきます
  • 発表しない方も、発表者の発表中に適宜、補足説明をお願いします
  • スライドの準備は必要ありません

テーマ

  • 実装内容: 学習、学習曲線の可視化、推論
  • データ: ノイズを含むサイン関数
  • タスク: 次ステップ予測(時系列解析)
  • ロス関数: Mean Squared Error
  • メトリクス: R2 score
  • シーケンス長(記憶するステップ長): 50
  • ニューラルネットワーク・アーキテクチャ: FullConnection(unit32)-LSTM(unit32)-FullConnection(unit1)
  • アーキテクチャ詳細:
    • FullConnection 活性化関数なし
    • LSTM 活性化関数なし
  • 上記で指定されていない箇所は、参加者各位で自由に実装ください(optimizerの種類など)
  • データ詳細およびアーキテクチャ図: https://github.com/hei4/DLRepertoire02

タイムスケジュール

開始 終了 内容 担当者
19:15 19:30 開場・受付開始
19:30 19:40 本勉強会の説明 hei4
19:40 19:50 LSTMの概要 hei4
19:50 20:00 発表者決め 参加者全員(司会hei4)
20:00 20:20 Chainerの説明 Chainerユーザーの参加者
20:20 20:40 PyTorchの説明 PyTorchユーザーの参加者
20:40 21:00 TensorFlowの説明 TensorFlowユーザーの参加者
21:00 21:20 Kerasの説明 Kerasユーザーの参加者
21:20 21:30 (その他フレームワークの説明) (該当者がいれば)
終了後 - 次回勉強会について 参加者全員

会場

会場は以下の場所となります。

東京都中央区日本橋3-3-13 永沢ビル3階301号室② https://goo.gl/Ae13bD

なお、当会場はセキュリティの観点で、不特定多数の人が入れないようになっています。 つきましては、ビルに到着しましたら、3Fまで階段で上がっていただき、「リノフト会議室・セミナールーム」という案内に従って進んでください。 301という部屋の前に到着したら、右側にある内線で「リノフト②」を呼び出してください。中から担当者が迎えに伺います。

画像付案内が以下URL先にありますので、併せてご覧ください。 https://linoft.com/img/room/%E2%91%A1.jpg

会場にはプロジェクター接続のHDMI、VGAケーブルが用意されています。

主催者側でHDMI→micro HDMI、VGA→Mini DisplayPortの変換ケーブルを用意します。

想定参加者

  • フレームワークを使って御自身で実装が可能な方
  • Keras、MXNet、ReNorm、nnabla、Deeplearning4jユーザーの方、歓迎します

その他

  • 複数のフレームワークを使える方は、ユーザー数の少ないフレームワークで実装いただけると助かります
  • 参加者同士で学習結果の精度を競い合う目的はありません。lossが収束していなくても結構です
  • ご不明点等ございましたら、当ページのコメント欄を活用ください

キーワード

ディープラーニング、深層学習、Chainer、TensorFlow、PyTorch、Keras、MXNet、ReNorm、nnabla、Deeplearning4j

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

hei4

hei4 さんが書き込みました。

2018/06/18 19:22

大政さんのGitHubリポジトリです https://github.com/masataka46/demo_LSTM_TF

hei4

hei4 さんが書き込みました。

2018/06/18 19:21

私のGitHubリポジトリです https://github.com/hei4/DLRepertoire02

hei4

hei4 published ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2.

06/03/2018 08:34

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2 を公開しました!

Group

機械学習草の根コミュニティ

Number of events 3

Members 29

Ended

2018/06/18(Mon)

19:30
21:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/06/03(Sun) 09:00 〜
2018/06/18(Mon) 19:30

Organizer

Attendees(5)

hei4

hei4

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2に参加を申し込みました!

simotake

simotake

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2に参加を申し込みました!

Autoalge

Autoalge

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2に参加を申し込みました!

大政孝充

大政孝充

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2 に参加を申し込みました!

oba_official

oba_official

ディープラーニング・フレームワークのレパートリーを増やす会 #2 に参加を申し込みました!

Attendees (5)

Canceled (2)